先進の非破壊検査機販売のNDTアドヴァンス

渦流探傷装置の測定原理・測定方法

渦流探傷の測定原理・測定方法

渦流探傷試験は、表面きずの検出能力に非常に優れた試験方法です。

熱交換器や航空・自動車部品、金属棒・ワイヤーなど様々な検査に渦流探傷試験が適用されています。
また、渦流探傷は、きずの検出だけでなく、材料判別や熱処理判定、導電率や膜厚の測定にも使用することができます。

ここでは、渦流探傷試験の測定原理とコイルの種別、測定方法(用途)について説明します。

測定原理

コイル(プローブ)の種別

コイル(プローブ)の種別

渦流探傷装置で使用するプローブには、銅線を巻いたコイルが埋め込まれています。コイルは、被検査物の材質や形状・表面状態、用途により、最適な形式や形状が異なります。標準品(汎用品)として幅広い用途に対応可能な形状・仕様のコイルがありますが、検査部位や検出対象によっては、高感度・高精度を達成する為に専用に設計することで、検出能力を高めることが可能です。

測定方法(用途)

  • クラック・表面傷
  • 焼割れ
  • 溶接
  • パイプ(内挿コイル)
  • ワイヤー・パイプ・棒材(貫通コイル)
  • ファスナー
  • ボルトホール
  • ボルト
  • 異材判別
  • 膜厚測定
  • 導電率測定